ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

スポーツ障害・スポーツ外傷



子供たちの体力低下や、大人たちの肥満や運動不足に対して何かのスポーツ(武道)をすることはとても良いことだと思います。

しかし、競技スポーツは激しさを増し練習量が多くケガにつながることも多々あります。
また、スポーツ中に発生するケガは、年齢や競技により大きな違いがあります。

大好きなスポーツ(武道)を続ける為にも、しっかりと予防やケアを怠らないようにしましょう。

スポーツ外傷とスポーツ障害の違い

スポーツ外傷とは、一回の衝撃で起こるケガのことを言います。例えば、足首の捻挫や太ももの肉離れ、骨折、脱臼、打撲などです。
一方、スポーツ障害は繰り返しのストレスが加わり続けた結果としておこるケガのことを言います。
例えば、野球肘やアキレス腱炎、テニス肘、ジャンパー膝、疲労骨折などです。



スポーツ障害は自分でも気づかないうちに徐々に痛みが出てくるので、本人や周囲も原因がわからず治療も長引いてしまうことがあります。
 予防のためにもウォーミングアップやクールダウンをしっかりと行い、自分の体力に合ったトレーニングを行うようにしましょう。特に骨が成長している成長期には無理をしないことが重要です。


・・・と言っても試合が近くてなかなか練習を休めなかったり、レギュラーがかかっていたりするとついつい無理をしてしまいますよね。
重症化させないためにも、少し痛みが出たり違和感を感じた時点でなるべく早く医療機関を受診することをお勧めします。

下肢のケガ

・膝蓋腱炎(ジャンパー膝)
 
スポーツ障害のなかでも多い疾患のひとつです。バスケやバレー、陸上の跳躍種目など、ジャンプ動作を繰り返すスポーツでこのケガを発生することが多いです。しかし、サッカーやバドミントンなど多様なスポ―ツでも起こることがあります

・オスグッド
 
成長期の骨格には成長軟骨があります。脛の骨の成長軟骨は膝下にあり、そこが筋肉によって引っ張られてしまい痛みが出ます。大人の骨格になれば進行することはありません。が、体の使い方を間違えたままプレイしているとジャンパー膝になる可能性があります。

・シンスプリント
 
スポーツの現場では非常によくみられる慢性のスポーツ障害です。私も高校の部活でハンドボールをやっていた時シンスプリントになりました。脛の下の内側が痛み、脛骨の疲労骨折との鑑別が重要になります。

・半月板損傷
 
半月板は膝の関節の内部にあるクッション組織で、半月板がなくなったり損傷してしまうと軟骨がすり減り変形性膝関節症が発生しやすくなります。膝を捻ったときや、小さな損傷の蓄積でも起こることがあります。

・腸脛靭帯炎
 
腸脛靭帯とは太ももの外側を覆う幅広い膜状の組織であり、骨盤の外側のやや前側にある大腿筋膜張筋という筋肉と密接な関係があります。ランニングのような繰り返しの膝の曲げ伸ばし動作により骨と腸脛靭帯が擦れ、炎症を起こします。

・鵞足(がそく)炎
 
膝の周囲には筋肉につながる腱が多くあり、特に内側に集まって骨に付着しています。その部分が擦れ合って炎症を起こすと鵞足炎(がそくえん)を発症します。ちなみにこの部分を後方から見ると鵞鳥の足に似ていることから、鵞足(がそく)炎といいます。水泳の平泳ぎのような動作をすると発症しやすいといわれています。

・足関節(足首)捻挫
 
足首の捻挫はどのスポーツでもよくおこるケガです。誰でも一度ぐらいは経験したことがあるのではないでしょうか?それゆえ軽いケガと考えられがちですが、しっかりとした処置を怠ると後遺症を残すこともあります。損傷を受ける組織は靭帯や関節包、ときには軟骨や骨までも含まれることがあります。足を捻った場合はたかが「捻挫」、ではなくされど「捻挫」だと認識し、しっかりと治す(動きも含めて)ことがとても重要だと思います。

・足底腱膜炎
 
足底腱膜炎は踵の痛みとしてスポーツでは比較的多いです(特に陸上)。また、立ち仕事など一般の人にも生じることがあります。踵は荷重する場所でもあるので、治りにくく慢性化し、治っても再発することがあります。靴の中にインソール(足底版)をいれることで楽になることがあります。

・アキレス腱炎
 
アキレス腱の障害は大きく分けると、アキレス腱そのものの炎症やアキレス腱を包んでる周囲(パラテノン)の炎症、アキレス腱の付着部でもある踵の骨のクッション組織(滑液包)の炎症などです。また、アキレス腱が切れてしまったものはアキレス腱断裂になります。

・外反母趾
 スポーツ障害ではないですが、最近は外反母趾に悩む方が増加しています。当然スポーツにも影響があり、シューズを履くスポーツでは足の指の曲がった部分が靴に当たり痛みを感じます。外反母趾は放置すると変形が進みますので、なるべく早めに対処したほうがよいでしょう。

上肢のケガ

・腱板損傷
 
腱板とは肩関節の安定性を保っているインナーマッスル(深層部にある筋肉)の腱が、板状になっている部分のことをいいます。この部分を損傷すると、肩の機能が大きく低下します。野球の投手などで肩を酷使すると、筋力が低下し関節可動域も狭くなります。このような疲労状態が続くと肩を上げたとき腱板と骨が容易にぶつかり、痛みがでることがあります。

・テニス肘
 
テニスやバドミントンのように、ラケットを握って打つスポーツに共通して発生する、肘の内・外側に痛みを伴う肘の障害です。外側の方がよく発生します。ゴルフやフライパンを持つ調理師などにも起こります。初期の段階で処置をしないと、日常生活でも痛むようになるので注意が必要です

・野球肘
 
野球で起こる肘の障害を総称して野球肘といいますが、陸上の槍投げなどでも発生します。障害の発生する部位から、「内側型」 「外側型」 「後方型」の3つに分類します。原因となるのは投球動作で、肘が外側に反るため負担がかかります。痛みを生じることが多いですが、痛みよりも肘の腫れや可動域制限が先に気になることもあります。成長期は骨格がしっかりしてないので、投げすぎには注意する必要があります。

・突き指
 
突き指は誰でも一度くらいは経験されたことがあるのではないでしょうか。突き指は、ボールや他の選手の体などが直接指に強当たって起こることが多いです。特に親指の付け根の関節や、人差し指から小指までの第2関節に発生します。指に当たる外力により、靭帯損傷や骨折がおこることもあります。「突き指は引っ張れば治る」と思わず、しっかりと固定し治療することが大切です。

・槌指(つちゆび)
 
指の第1関節だけが下に曲がり独特の形をきたすことからこの名前がつけられました。通常の突き指とは少し違い、損傷される組織も違います。指の第1関節が過度に曲げられ、腱が切れたり、腱の付着部に引っ張られ骨が剥がれたり(剥離骨折)し、曲がった状態のまま関節が戻せなくなります。損傷を受けた直後はこのような変形は目立ちませんが、時間が経つと徐々に変形が進んでいくことが多いです。早めに医療機関を受診しましょう。

上・下肢、体幹

・疲労骨折             

 通常の骨折は大きな力により骨が折れます。しかし、疲労骨折の場合は小さな力が繰り返し作用し、亀裂が発生したりします。疲労骨折は中学から高校に上がる16才ぐらいに多く、なかでも長距離選手など、練習で頻繁に走ることが多い選手に多くみられます。レントゲン撮影を行っても初期の段階では写らないため、超音波エコーやMRIのほうが初期の段階では有用だと思われます。部位にもよりますが、通常は一ヵ月ほど安静にしていれば自然に癒合します。






フッターイメージ